自分でメンテナンスしよう

2019-07-07

以前「癒しブーム」というのがありました。
みんなが癒されたいと願い、癒しスポットとか癒し系の人とかそういった言葉がはやりました。
でも、癒されたい人ばっかりって、なんだかおかしくないでしょうか?

自分は、癒されたいときもあるけど、基本は人を癒したい。
日々自分の心身をきめ細かくメンテナンスしながら、手に届く部分なら人を癒そうと思っています。
もちろん、人を癒す、人に癒されることは大いにあるけど、自分の心の中と身体の中のきめ細かい部分は他人にわかるだろうか?
細かい部分まで毎日メンテナンスするためには、絶対に自分で行う必要があるのです。
世間では体が痛くなってから病院に行くのが一般的です。
しかし、痛くなってからだと手遅れのこともあります。
痛くなるはるか以前の段階で体に無理がかかって蓄積しているのです。
心も同じです。
精神病と診断されるような状態は相当に無理が蓄積してしまった後の状態だし、そうなる以前に自分の感じ方や考え方がおかしくなってしまうという段階があります。
心も体も軽い段階の異常から対処するほうがずっといい。
問題が軽い段階で対処するほうが、それにかかる時間もお金も何もかも、重くなってから対処するよりもずっといいです。
なにより健康な心身は、毎日の楽しさを確実に底上げしてくれます。
もっとも、自分の心と体とをきめ細かく観察してメンテナンスするというのは簡単なことではありません。
日々自分の心身を見つめては現状と理想的な状態との差を認識し、どうやったら理想的な状態に現実の心身が近づくか工夫する必要があります。
現状をきめ細かく分析する。
理想的な状態を認識する。
理想的な状態に近づく現実的な方法を工夫して実践する。
どれも難しくてやりがいのある作業ですが、ほんの少しずつであっても必ず自分でできることです。
コツは、自分の心身をメンテナンスすること自体を楽しむことだと思っています。
人生百年時代といいます。
現在40歳の自分は、75歳とかひょっとしたら80歳まで現役で働いているかもしれません。
その時の自分が活き活きと過ごしている様をイメージしたりしては身体のメンテナンスを楽しんでいます。
豊かに自分を生きるために毎日自分をメンテナンスしてアップグレードして、そのための技術も磨いていくということは、これからますます必須になっていきます。
まさしくライフワークなので、楽しんでそれを行いましょう^^

思索

Posted by 佐伯真哉