みんな自由人

2018-05-21

心の中にいろいろな束縛がある。
気づいてない束縛もたくさんある。
そういった束縛を受けない人を見たときに「自由人だなあ」と憧憬を込めて思ってしまうことがある。

会社で「やらなきゃいけない」とされたことはやればいい。
その時には、やらないことで会社で受けるデメリットや周囲への迷惑や自分の生活を考えて、やるということを主体的に選択しているんだと実感していることが大切だ。

主体的に選択しているのだから、当然いつだってやめることもできる。
やめることができると本気で思っていることも重要だ。
それを前提として、やることを選択しているのだから、当然やりたくてやっていると、実感を込めて言うことだ。

口で言うことは誰にだってできる。
実感を込めて、その実感を深めていくことは、トレーニングが必要だと思っている。
それは、選択するというトレーニングだ。

例えば、通勤路をほんのちょっと変えてみる。
ちょっと変えるということを、自分で好きで選択したんだと実感する。

ちょっとした集まりに参加してみる。
気軽に参加したんだから、いつでも抜けることもできるし、来たくてここに来ているんだと実感する。

空を見上げてみるだけでもいい。
空を見上げるという選択をしたのだと実感する。

意識的でも無意識でも毎日いろいろな選択をしている。
選択をしている自分を実感し、選択をした自分を褒める。

鬱になると、目の前に提示されたことしか見えなくなってしまう。
日々選択を実感することは、無限の道があると実感することだ。
無限の道の中で、自分が好きで選択したと実感することだ。

やりたくてやっているんだ。
僕たちはみんな自由人なんだ。

もっともっと自由を満喫して、やりたいことを思いっきりやってしまおう^^

思索

Posted by 佐伯真哉