ダライ・ラマに恋して

感想「ダライ・ラマに恋して」
たかのてるこ著

チベット文化圏というものについて、思えば全く知らなかった。
本書のメインは「リトル・チベット」と呼ばれるインドのラドックでの体験だ。
「生きとし生けるものの幸せを」と文字通り毎日祈っている人たちがチベットにはたくさんいるということは、衝撃的だった。

著者のたかのてるこさんの公演にうかがって話を聞いたことがある。
たかのさんの話はこの本で語られているチベットのことが中心だった。
恐らく100か国くらい旅していても本当に衝撃的だったのだろう。

本の中には素朴に心穏やかに暮らす人たちがたくさん出てくる。
普段の生活ではそんなふうに暮らすこともできるということを忘れてしまう。
心に残ったのは、カルマさんという仏教教師の「執着しないで、ただ、大事にするってことが大切なんだ」という言葉でした。

他の本も含めてたかのさんの本を読んだことによって、世界に本当に色々な価値観を持った色々な人たちがいることを実感した。
そして、その人たちのことを知りたいという思いが強くなった。

日本で当たり前と思っていることはちっとも当たり前なんかじゃない。
いろいろな考えを持っていいんだ。

読書

Posted by 佐伯真哉