最大の味方

2019-06-16

私には心強い味方がいます。

どんな時でもそばにいてくれて、はげましてくれる。
疲れたから休む時だよと労わってくれたり、人への配慮を具体的にこうすればもっとよかったと忠告してくれる。
大丈夫だよと言ってくれて、堂々と前に進んでいいんだと言ってくれる。

その、人生最大の味方は、自分自身です。

気を付けたいことは、自分自身は最大の敵にもなってしまうことです。
自分を責め始めると24時間365日責めることもできてしまいます。
私が鬱のときにはそういった状態でした。
それは余りにも私自身が可哀想です。

もちろん、自分に至らないところはいくらでもありますので、反省するところもたくさんあります。
反省するときに、自分全体を責めたら改善のしようもありません。

自分の具体的個別的なふるまいを改善しようとして、さらにはそのふるまいを生み出した自分の物事への取り組み方を修正して、その取り組み方の背景にある心の持ちようをより良くしていく。
その反省の過程は、自分全体を安易に責めて思考停止することではなく、自分自身をより良くしていく希望の道なのです。

どうしようもなく自分自身をダメだと思ってしまうこともあります。
その時に「ダメだと思ってはダメだ」は逆効果になりやすいです。
ダメだと思ってしまう自分自身をまず認めてあげて「まだまだ修行が足りないな、だんだん改善していくよ」と思うことです。

他人に迷惑をかけてしまうこともあります。
気づいたときに素直にごめんなさいといいましょう。
ごめんなさいと言って、改善に取り掛かりましょう。
一度の迷惑で付き合いをやめてしまう人もいるかもしれませんが、それはそれで相手の選択なので自分がとやかく言うものでもありません。
人との関係性の反省は、次に会う機会や次に会う人とより良い関係を作る糧となります。

24時間365日一緒に時間を過ごす自分自身を、強くたくましく優しく慈しみ深く育てていくことが、私の人生と周囲の方との関係を最大限に良くしていく方法だと思っています。

私を常に私自身を素直に認めて改善の方法を探し改善できると信じる、私の心強い味方にしておきましょう^^

思索

Posted by 佐伯真哉